キュービクル製作販売、高圧電気工事、一般電気工事のことなら鈴木電工にお任せ下さい。

キュービクル(キュービクル式高圧受変電設備)とは

キュービクル(キュービクル式高圧受変電設備)について

電気が街へ届くまでの道のり

高圧受電契約低圧受電契約

高圧受電契約のメリット

高圧受電システムの仕組み:敷地内に変圧設備「キュービクル」、電柱を設置して受電します。

キュービクルの老朽化(機器更新)について

キュービクルは事業主の所有物となりますが、供給される電気は周辺(工場や民家など)にも同様に配電されており、万が一、所有するキュービクルがトラブルを起こした場合、周辺世帯へ波及する停電事故(波及事故)が発生すると、社会的な信用を失うだけでは無く、多額の賠償問題を引き起こしてしまう可能性があります。
機器更新の為の計画的な停電作業は電力会社の電柱で電気を切り離す事で可能ですが、突如として起きる事故では周辺世帯へ停電の影響が波及してしまう可能性があり、故障・破損してしまった機器や工事業者の手配等、長時間の復旧作業が必要となる事は避けられない為、周辺への影響は多大なものとなってしまいます。
このような事態が起きないよう、安心・安全にキュービクルを運用する為にも、定期的な点検により異常が見込まれる機器や、更新推奨時期が近づいている(又は耐用年数が経過している)機器の更新を計画的に実施する必要がございます。
キュービクルは、安全に高圧を低圧へと変圧する為に、様々な高圧機器や継電器から作られており、主に更新が推奨される機器は以下のものとなります。

波及(波及)事故とは

保安点検とは

電気主任技術者の方へ